足の痺れが取れない本当の原因を徹底解説 l だから治らないその痛み

2020/12/12 ブログ

足の痺れが取れずに悩んでいる方がとても多いです。

 

当院に来られる方でも足の痺れに悩まされている方がたくさんいます。

 

・接骨院に行ったけど痺れが治らない

 

・病院に行っても問題ないと言われた

 

・注射や電気を受けても良くならない

 

・手術するほどではないと言われた

 

さまざまな理由で足の痺れに悩まされている方がいます。

 

当院はその治らない痺れに特化した整体であり、しかも3回以内の改善を目指す整体です。

 

単価の安い整体に通い続けて治っていない方は多額のお金がかかってしまっています。

 

これからもそれを続けられますか?

 

是非一度ご相談下さい。

 

当院が痺れや痛みの改善に特化している理由は“筋膜”に特化した整体だからです。

 

◆ー ー ー 目次 ー ー ー◆

                                        

   ・筋膜とは?          

                                      

   ・どんな施術?

                                        

◆ ー ー ー 目次 ー ー ー◆

 

 

【筋膜とは?】

 

 

 

筋膜とは最先端の医学で発見された足の痺れや痛みの根本の原因の一つです。

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

・筋肉をマッサージしても

 

・ストレッチや筋トレをしても

 

なかなか足の痺れや痛みが改善されないんです。

 

 

 

筋膜を施術する整体はここ数年で増えてきましたが当院はその症状に対し、3回以内の改善を目指しています。

 

 

【どんな施術?】

 

当院の施術は医学の最先端であるアメリカ、イタリア、ドイツなどで認められたテクニックです。

 

他院ではほとんど受けることができません。

 

なぜなら理学療法士や医師しか取得ができないテクニックだからです。

 

 

 

 

 

筋膜は下記のような怪我などの負担によって時間をかけて固まります。

 

 

・骨折や手術歴(全身のどこか)

 

・捻挫や良くツル症状

 

・内臓不良(肺炎、便秘など)

 

・仕事や趣味などの負担

 

・ぎっくり腰や腱鞘炎などの古傷

 

あなたも身に覚えはありませんか?

 

筋膜をほぐすことが大切だとお話ししていますが

 

ただ筋膜をほぐせばいいわけではありません。

 

①過去の負担を見逃さない

 

②筋膜は熱で溶かす

 

③免疫細胞を刺激する

 

筋膜をほぐして足の痺れを取るためにはこれらの3つがとても大切です。

 

『①過去の負担を見逃さない』

 

上でも述べたように筋膜は過去の負担により時間をかけて固まります。

 

患部に筋膜リリースをしても治りません。

 

『②筋膜は熱で溶かす』

 

あなたはお風呂に入ると体が楽になりませんか?

 

筋膜は40度の熱が加わるとほぐれます。

 

つまり!お風呂に入って体が楽になるのは筋膜がほぐれているからなんです!

 

当院も手や肘を使って熱摩擦を加えることで溶かして足の痺れや痛みの改善を目指します。

 

『③免疫細胞を刺激する』

 

お風呂にはいって体が楽になってもまた時間が経つと不調を振り返しますよね?

 

それを避けるために熱摩擦で溶かすと同時に微細な傷をつけ免疫細胞を刺激します。

 

そうすることで固まった筋膜に自己治癒細胞(免疫細胞)が集まってきて改善させてくれます。

 

 

 

 

当院は足の痛みや痺れにに特化した整体でありほとんどの方が3回以内に改善を実感していただいております。

 

 

あなたの治らない足の痺れや痛みも当院なら改善できる可能性は十分にあります。

 

 

是非お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

さらに詳しく筋膜整体コネクトを知りたい方はホームページをご覧ください。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

※筋膜整体コネクトはクレジットカードや電子マネーもご利用いただけます。

 

 

 

===========================

 

【サロン情報】

 

 

大宮駅から10分‼︎

 

大宮駅→北浦和駅8分

北浦和駅→サロン徒歩1分

 

東京駅→30分

 

横浜駅→55分

 

 

さいたま市浦和区北浦和4-6-10 アーバンセレクト北浦和201(新井学院の隣)

 

 

TEL:0487082555

 

===========================