【ぎっくり腰】ランニング再開に向けて絶対やってはいけないこと

2020/11/03 ブログ

ぎっくり腰でランニングができない、、

 

 

 

 

ランニングを再開させるためには

 

 

 

 

・ストレッチ

 

 

・腹筋の筋トレ

 

 

 

 

と思う方が多いと思います。

 

 

 

 

ちょっと待って下さい!!

 

 

 

 

これらをしてもぎっくり腰は治りませんし、再発のリスクをあげるだけです。

 

 

 

 

ランニングの再開も重要ですがまずはぎっくり腰になった本当の原因について理解しておきましょう。

 

 

 

 

ぎっくり腰の本当の原因をというのは“筋膜”であることがほとんどなんです!!

 

 

 

 

当院は3回以内にランニングができないぎっくり腰の改善を目指す整体です。

 

 

 

 

====目次====

 

 

・ぎっくり腰の原因となる筋膜とは?

 

 

・ぎっくり腰の原因は過去の〇〇

 

 

・ぎっくり腰を改善させる3つのポイント

 

 

・10年後も健康でいるために

 

 

========== 

 

 

 

【ぎっくり腰の原因となる筋膜とは?】


 

 

筋膜は筋肉を包み、全ての動きを支配しています。

 

 

 

 

つまり、固い筋膜があることで筋肉の動きが制限され、ランニングができないぎっくり腰を作りあげるんです。

 

 

 

筋膜のイメージはこちら↓

 

 

ジーパンをはいていてはうまく動けません。

 

 

 

 

当院はジーパン(固い筋膜)をタイツ(柔らかい筋膜)に整えることでぎっくり腰の改善を目指しています。

 

 

 

 

【ぎっくり腰の原因は過去の〇〇】

 

 

ぎっくり腰の原因は過去の筋膜はと言いました。

 

 

 

 

そもそもの筋膜が固まる原因はこちらです。

 

 

 

 

・長時間のデスクワークなどによるゆがみ

 

 

・重労働の疲労

 

 

・便秘や重い生理痛などの内臓不良

 

 

・長年のランニングによる乳酸

 

 

 

 

これらが原因で全身の筋膜が固まります。

 

 

 

 

ランニングができないぎっくり腰だから腰だけ筋膜リリースをしても治りません。

 

 

 

 

【ぎっくり腰を改善させる3つのポイント】

 

 

ぎっくり腰を改善させるために筋膜の特徴を理解しましょう。

 

 

 

 

①全身の筋膜がぎっくり腰を作り上げる

 

 

②固い筋膜はマッサージ熱で溶ける

 

 

③免疫細胞が固い筋膜を溶かす

 

 

 

 

この3つが大切です。


 

 

 

▼詳しくはこちら▼

https://connect-saitou.com/2021/01/29/kinmaku-kaizenn/

 

 

 

 

これらを踏まえた施術がイタリア式の筋膜リリースです。

 

 

 

 

理学療法士専門の資格であるため他院ではほとんど受けることができません。

 

 

 

 

イタリア式の筋膜リリースは痛みの改善に特化し、世界的に注目を集めています。

 

 

 

 

私も治らない腰痛に8年間悩まされていました。

 

 

 

 

この施術を受けたところたった1回で治らない腰痛がなくなりました。

 

 

 

 

そこから5年が経ちますが今でも腰痛はありません。

 

 

 

 

感動したのと同時に“もっと早く知りたかった”という想いもありました。

 

 

 

 

私と同じ治らない痛みに選ばれるために当院があります。

 

 

 

 

あなたの治らないランニングができないぎっくり腰の痛みも当院なら改善できる可能性は十分にあります。

 

 

 

 

ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

▼ご予約はコチラから▼

https://connect-seitai.jp/yoyaku/

 

 

 

※ご予約が大変混み合っておりますのでご検討の方は、早めのご予約をおすめします。

 

 

 

 

【10年後も健康でいるために】

 

固い筋膜を放置しているとランニングができないぎっくり腰だけでなく

 

 

 

 

❌膝やカカトが痛くなる

 

 

❌こりや頭痛の原因

 

 

❌足がつる、むくむ原因

 

 

❌便秘や重い生理痛などの内臓不良

 

 

❌不眠、疲れやすいなどの自律神経トラブル

 

 

 

などの原因にもなります。

 

 

 

 

不調が重なる前に筋膜を整えておくことをおすすめいたいします。


 

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

さらに詳しくコネクトを知りたい方はホームページをご覧ください。

 

 

 

※筋膜整体コネクトはクレジットや電子マネーもご利用いただけます

 


 

 

 

===========================

 

【サロン情報】

 

 

大宮駅から10分‼︎

 

大宮駅→北浦和駅8分

北浦和駅→サロン徒歩1分

 

東京駅→30分

 

横浜駅→55分

 

 

さいたま市浦和区北浦和4-6-10 アーバンセレクト北浦和201(新井学院の隣)

 

 

TEL:0487082555

 

===========================

補足

『①過去の負担を見逃さない』

 

筋膜は突然固まることはありません。

 

筋膜は下記のような負担が過去に一度でもあると時間をかけて固まります。

 

 

・骨折や手術歴(全身のどこか)

 

・捻挫や良くツル症状

 

・内臓不良(肺炎、便秘など)

 

・仕事や趣味などの負担

 

・ぎっくり腰や腱鞘炎などの古傷

 

あなたの身に覚えはありませんか?

 

『②筋膜は熱で溶かす』

 

あなたはお風呂に入ると体が楽になりませんか?

 

筋膜は研究データによると40度の熱で溶けます。

 

そのためお風呂に入ってぎっくり腰の痛みが楽になるというのは筋膜がほぐれているからなんです。

 

当院の施術も固まった筋膜に対し、手や肘を使って熱摩擦を加えることで熱摩擦を加えて溶かします。

 

『③免疫細胞を刺激する』

 

 

②でお話ししたように熱摩擦を加えますがそれと同時に軽い傷をつけ、炎症反応を起こします。

 

そうすることで固まった筋膜に免疫細胞(自己治癒細胞)が集まることで体の中から改善が見込め、根本改善を目指すことが出がます。