筋膜リリースとは? l 世界的にも注目されている施術 l 3回以内の改善を目指すサロン

2020/08/31 ブログ
logo

あなたは筋膜リリースというものを聞いた事がありますか?

 

今世界的にも最も注目されている施術の一つが当サロンも行なっているイタリア式の筋膜リリースなんです。

 

筋膜リリースとは一言で言うなら痛みの改善に特化した施術です。

 

しかし!

 

ただ筋膜リリースを行うだけでは治らないことも多くあります。

 

そのリスクを少なくするためにイタリア式筋膜リリースとは、過去のトラブルから今の不調を割り出し、根本から痛みの改善を目指します。

 

今回は“イタリア式の筋膜リリースとは?”について書かせていただきます。

 

 

イタリア式の筋膜リリースとは、1987年にイタリアで作られ、2017年に一般法人社団筋膜マニピュレーション協会が日本にも設立されました。

 

イタリア式筋膜リリースとは医者理学療法士しか取得ができない資格であるため、他院ではほとんど受ける事ができない施術です。

 

筋膜リリースとは上でも述べたように体の不調の大元の原因であると最近の医学で分かった“筋膜”に対し、

 

・ほぐす、はがす

 

などの行為を意味します。

 

しかし、ただほぐすだけではなかなか改善しないため、しっかりと筋膜を理解する必要があります。

 

筋膜リリースを行う上で大切なのが3つあります。

 

---------------------------

・1:過去の不調をチェックする

 

・2:筋膜は熱で溶かす

 

・3:免疫細胞を刺激して根治を目指す

---------------------------

 

 

・1:過去の不調をチェックする

 

筋膜とは下記のような要因で固まります。

 

 

・骨折や手術歴(全身のどこか)

 

・捻挫や良くツル症状

 

・内臓不良(肺炎、便秘など)

 

・仕事や趣味などの負担

 

・ぎっくり腰や腱鞘炎などの古傷

 

あなたはいくつ当てはまりますか?

 

これらが過去に一度でもあるとそこから筋膜が固まります。

 

要するに今のあなたの肩こりや腰痛の原因は過去の骨折や育児や立ち仕事などから作り上げられたものだという事です。

 

だから肩こりだから肩を筋膜リリースしても

 

腰痛だから腰を筋膜リリースしても

 

治らないんです。

 

ちなみにあなたはお風呂に入ると一時的に肩こりや腰痛などの不調が改善しませんか?

 

それは筋膜が熱で一時的にほぐれているからなんです!!

 

 

・2:筋膜は熱で溶かす

 

筋膜は研究データによると40°以上の熱で固まりが溶けてサラサラになると言われています。

 

お風呂がちょうど40°くらいですね?

 

だから一時的にほぐれるんです。

 

だからイタリア式の筋膜リリースとは固まったピンポイントの筋膜に対して熱摩擦を加えて溶かしてあげるんです。

 

しかし、お風呂から上がってまた時間が経つと冷めて固まりますよね?

 

また戻らないために当サロンは免疫細胞を刺激して根治を目指しています。

 

 

・3:免疫細胞を刺激して根治を目指す

 

いったいどういうことかというと

 

イタリア式の筋膜リリースとは、固まった筋膜に対して熱摩擦を加えて溶かす!

 

とお伝えしましたが

 

それだけでなくイタリア式の筋膜リリースとは熱摩擦を加える+組織に軽い傷をつけます。

 

そうすることで傷に対して免疫細胞が集まります。

 

その傷を治すと同時に固まった筋膜にも気がつき、体の中から筋膜を正常な状態に直してくれます。

 

だからイタリア式の筋膜リリースとは最短で長期的な改善が目指せるんです。

 

当サロンは痛みに特化したサロンであり9割以上の方が3回以内に改善していただいております。

 

 

あなたの治らない痛みも当サロンなら改善できるかもしれません。

 

 

是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

さらに詳しくコネクトを知りたい方はホームページをご覧ください。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

※筋膜整体コネクトはクレジットや電子マネーもご利用いただけます。

 

 

 

===========================

 

【サロン情報】

 

 

大宮駅から10分‼︎

 

大宮駅→北浦和駅8分

北浦和駅→サロン徒歩1分

 

東京駅30分

 

横浜駅55分

 

 

さいたま市浦和区北浦和4-6-10 アーバンセレクト北浦和201(新井学院の隣)

 

 

TEL:0487082555

 

===========================