筋膜リリースによるお腹の痛み l 放っておくと危険 l 痛みの原因を徹底解説

2020/08/21 ブログ

こんにちは

 

 

 

 

埼玉で唯一の理学療法士による筋膜整体

 

 

 

 

コネクトの齋藤です。

 

 

 

 

お腹の筋膜リリースをしてみたら痛かった!

 

 

 

 

この記事を読まれているあなたも同じ悩みを抱えていると思います。

 

 

 

 

結論から言います!

 

 

 

 

筋膜リリースでお腹が痛い方は必ず全身の筋膜を整えましょう。

 

 

 

 

今回は

 

 

 

 

・お腹の筋膜が硬いと起こる悩み

 

 

・お腹の筋膜が固まった原因

 

 

 

 

についてお話しします。

 

 

 

 

【お腹の筋膜が固まいと起こる悩み】

 

 

 

 

筋膜というのは全身に繋がった膜のことなのでお腹の筋膜が固まることで全身に様々な不調を作り上げてしまいます。

 

[痛み]

 

 

・ぎっくり腰や腰痛

 

 

・肩こりや頭痛

 

 

・腰痛、股関節の痛み

 

 

 

 

[不調]

 

 

・便秘、お腹を下しやすい

 

 

・冷え性、良くツル

 

 

・生理痛が重くなる、むくみ

 

 

 

 

などの原因となることが非常に多いからです。

 

 

 

 

これらを予防したり、改善させるためには専門的な筋膜調整を受けていただくことをおすすめします。

 

 

 

 

当サロンはそれらの悩みを3回以内で改善を目指し、ほとんどの方にそれを実感していただいております。

 

 

 

そもそもなぜお腹の筋膜が固まったのか?について見ていきましょう。

 

 

 

 

【お腹の筋膜が固まった原因】

 

 

 

 

筋膜は下記のような要因によって時間をかけて固まります。

 

 

 

 

・骨折や手術歴(全身のどこか)

 

 

・捻挫や良くツル症状

 

 

・内臓不良(肺炎、便秘、アレルギーなど)

 

 

・仕事や趣味などの負担

 

 

・ぎっくり腰や腱鞘炎などの古傷

 

 

 

 

このような負担が過去に一度でもあるとお腹の筋膜が固まり、上で挙げた痛みや不調に繋がってしまいます。

当院はお腹の痛みなどの全身の痛みに特化したサロンであり9割以上が3回以内に改善しています。

 

 

 

 

あなたの治らないお腹の痛みも当サロンなら改善出来るかもしれません。

 

 

 

 

是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

さらに詳しくコネクトのホームページをご覧下さい。

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

※筋膜整体コネクトはクレジットや電子マネーもご利用いただけます。

 

 

 

===========================

 

【サロン情報】

 

 

大宮駅から10分‼︎

 

大宮駅→北浦和駅8分

北浦和駅→サロン徒歩2分

 

 

さいたま市浦和区北浦和4-6-10 アーバンセレクト北浦和201(新井学院の隣)

 

 

TEL:0487082555

 

===========================

〜〜〜〜補足〜〜〜〜

 

【筋膜とは?】

 

最先端の医学で発見された全身タイツのようなものです。

 

今までの医学では筋肉が関節を動かしていると考えられていました。

 

しかし、最先端の医学では、筋膜が筋肉を動かしているということがわかってきました。

 

そのため、筋肉をマッサージしても筋トレやストレッチをしてもなかなか痛みが変わらないということが起こっていました。

 

また筋膜は下記のような

 

 

・骨折や手術歴(全身のどこか)

 

・捻挫や良くツル症状

 

・内臓不良(肺炎、便秘など)

 

・仕事や趣味などの負担

 

・ぎっくり腰や腱鞘炎などの古傷

 

 

などが過去に一度でもあると筋膜が固まります今のような痛みの原因となります。

 

 

特にお腹の筋膜が固まると原因で多いのは

 

 

・腰痛やぎっくり腰

 

・便秘や肺炎などの内臓不良

 

・産後や骨盤の歪み

 

 

などが原因でお腹に痛みと硬さが作られます。

 

筋膜による施術は沢山ありますがその中でも筋膜のことを十分に理解した“筋膜マニピュレーション”がおすすめです。

 

【どんな施術?】

 

筋膜マニピュレーションとは医学が進んでいるアメリカやドイツやイタリアでその技術や根拠が認められたテクニックです。

 

医師や理学療法士でないと取得ができない資格であるため他院ではほとんど受けることができません。

 

筋膜を整える上で大切なのが下記の3つです。

 

1.過去の不調から改善

 

2.筋膜には40℃の熱が必要

 

3.免疫細胞を目覚めさせる

 

これらが大切です。

 

1.過去の不調から改善

 

筋膜は先ほど述べたような骨折や手術、仕事の負担などが原因で時間をかけて固まり今の痛みを作り上げます。

 

そのため

 

肩こりだから肩

 

腰痛だから腰

 

に原因があるわけではありませんのでなかなか治らないということが起こります。

 

しっかり過去の不調から改善させましょう。

 

 

2.筋膜には40℃の熱が必要

 

突然ですがあなたはお風呂に入ると体が楽になりませんか?

 

それは、一時的に筋膜の間にあるヒアルロン酸が溶けているからなんです。

 

研究によるとヒアルロン酸は40℃(お風呂の温度)の熱で溶け出すと言われています。

 

そのため筋膜を整える上では熱摩擦が必要になります。

 

しかし、お風呂後で痛みが戻ってしまうように熱だけでは根本改善にはなりませんので3の考え方が重要です。

 

3.免疫細胞を目覚めさせる

 

熱を加えるだけでなく手や肘を使って筋膜に軽いきずをつけます。

 

そうすることであざのようになるため、体の中では炎症を回復させる働きが起こります。

 

そのアザを治すと同時に筋膜が固まっていることに気がつき、そちらも改善させます。

 

そうすることで体の中から根本改善を目指すことができるんです。